生活情報紙「あれんじ」公式サイト

Antico Castello(アンティコ カステッロ)

Arrange Gourmet

掲載日
 2015年10月17日
カテゴリー
イタリアン, 洋食

本場仕込みのメニュー コースでゆっくりと味わって

店名の「アンティコ カステッロ」は古城という意味。その名の通り熊本城のお膝(ひざ)元の洗馬橋の近くにあり、食通に人気のお店です。

オーナーシェフの荒木寿朗さん(48)はフランスとイタリアで修業を積み、帰国後も有名店で腕を磨いた本格派。

「多彩なイタリア料理をゆっくりと味わって欲しいと、全てコース仕立てにしております」

荒木さんが用意した一品は「ホロホロ鳥の燻製と県産クリのキタッラ」。キタッラとはギターという意味で、細くて少し平たいパスタ。ホウレンソウを練り込み手打ちで仕上げたキタッラは、緑色した生麺。その絶妙な歯ごたえと、燻製にしたホロホロ鳥の香ばしさとゆでたクリのホクホクとした甘味の調和が見事! シンプルな味付けの軽いクリームソースとの相性も抜群。

コースには高森産マスのマリネなどの前菜盛り合わせからヨーロッパ産キノコのリゾット、メーンには天然魚か肉の料理が用意されます。奥深いイタリアの味にきっと出会えるはずです。

(写真上)夜のコース料理5400円の一品「ホロホロ鳥の燻製と県産クリのキタッラ」。夜のコース料理は3780円~、ランチコースは2160円~。イタリアで修業した妻・純子さんの作るドルチェも最高です

「県産の新鮮な食材とヨーロッパの食材を融合させた本格イタリアンをゆっくりとご堪能ください」。オーナーシェフの荒木寿朗さんと妻でパティシエの純子さん(48)

詳細情報

Antico Castello(アンティコ カステッロ)