生活情報紙「あれんじ」公式サイト

京町 鮨こてつ

Arrange Gourmet

掲載日
 2016年1月16日
カテゴリー
すし

カウンターで肩を並べて にぎりたてのすしを味わう

京町(熊本市中央区)で本格すしを提供する「鮨こてつ」。テーブル席や個室とそろいますが、カウンター席にふたり仲良く肩を並べて座り、にぎりたてのすしを味わうのもいいものです。

店主の山下哲平さん(37)は、毎朝田崎市場におもむき仕入れた魚を一人で仕込みます。

おすすめの「おまかせ八貫」はマグロやタイ、車エビ、サバや穴子など、その日一番のネタが八貫登場します。

マグロのにぎりずしを口に頬張れば、上品なマグロのうま味に、ホロホロと口の中でほどけていくシャリの食感は絶妙です。

中でもこの時季、脂ののった寒サバのにぎりずしはぜひとも味わいたいものです。

(写真上)「おまかせ八貫」1620円。単品のにぎりずしはブリ210円、ウニ430円、「お造りの盛り合わせ」1620円~、秋田県の一白水成(いっぱくすいせい)や三重県の而今(じこん)など人気の日本酒もそろいます

「上質なすしをできるだけリーズナブルにお届けできるよう頑張っています」。店主の山下哲平さん(37)

詳細情報

京町 鮨こてつ