生活情報紙「あれんじ」公式サイト

ギャラリーレストラン ゆう和

Arrange Gourmet

掲載日
 2016年2月6日
カテゴリー
洋食

トマト味の濃厚ボルシチなど ロシア名物が勢ぞろい

「子供のころから家族で通っているロシア料理店が大好きで。後継者がいないと聞いて、自分が受け継ぎたいとレシピを教えてもらいました」と話すのは料理長の永本達也さん(33)。

オススメは、ロシアの名物料理が勢ぞろいした「壺焼きセット」。メーンは、たっぷりのタマネギや牛肉を鶏ガラスープで3日間かけて煮込んだ「ボルシチ」。大ぶりにカットされた牛肉や野菜も、口に入れるとホロッとくずれるほど軟らか。ビーツの代わりにトマトを使う、濃厚でまろやかなスープは、食べやすいと幅広い層に人気です。

ほかにも、キノコたっぷりのクリームスープにピロシキの生地をかぶせて焼き上げた「壺焼きスープ」、揚げたてのピロシキ、自家製デザートなどが付き、食べ応えも充分。

(写真上)ボルシチ、壺焼きスープ、ピロシキのロシア名物が勢ぞろいした「壺焼きセット」1620円。ピロシキはテークアウトもできます1個216円

「2月上旬からはひな人形を飾ります。ボルシチと一緒に楽しんで下さい!」。料理長の永本達也さん(33)、 妻でパティシエの空未子(くみこ)さん(32)

詳細情報

ギャラリーレストラン ゆう和