生活情報紙「あれんじ」公式サイト

カレーハウス GHEE

Arrange Gourmet

掲載日
 2015年8月1日
カテゴリー
カレー, 洋食

野菜のうま味が凝縮された 愛され続ける専門店のカレー

オープンして28年目、熊本のカレー専門店の先駆け「カレーハウスGHEE」。創業当時から変わらない味を求めて、足しげく通うファンも多いと言います。

タマネギやショウガ、ニンジン、リンゴをトロトロになるまで煮込んだルーは、野菜の甘さとスパイスの辛さのバランスが絶妙。ポッテリとしたとろみのあるルーとターメリックライスをからめて食べると、甘さの後からフワッと辛さが広がります。甘口から70倍まで辛さの調節も可能です。

「『カレーを食べた後もすぐにお腹がすく』と言うお客さんもいらっしゃるんですよ(笑)」と店長の松岡恵三子さん。ルーに小麦粉を使わないせいか、完食しても胃が重たくならないのが特長です。

ハンバーグやエビフライなどのトッピングも全て手作りし、昔ながらの味を守っています。

(写真上)ランチタイムにいただける「ポークカツカレーセット」1030円(ドリンク、サラダ付き)。分厚いポークカツが食べ応え満点。単品は930円

「いつ食べてもおいしい!と言っていただけるように願いながらカレーを作っています」。店長の松岡恵三子さん

詳細情報

カレーハウス GHEE