生活情報紙「あれんじ」公式サイト

2016

干物など
浦上さんが手作りする焼きエビ
朝市名物の「エビだご汁」に長蛇の列
松合郷土資料館
左から嶋谷洋一さん、邦子さん、剛志さん
和綿から取り出した種は、来年の植え付けに
100%あさぎり綿で作ったスタイは2160円。べビー用帽子4536円、おくるみ1万800円、マスク2160円、お肌洗い1404円
左から「おかどめ幸福駅売店」の吉松由美さんと、毎朝総菜を届ける兼田和子さん
県内最大級の木造毘沙門天立像
「蔵だご汁定食」970円
神馬(しんめ)
獅子
祭りの日以外の砥崎河原
左から八代東高校の迫真由美先生(39)と、3年生の湯野亜耶乃さん(17)、丸塚絵李果さん、江藤真里奈さん(18)、橋口瑠香さん
八代よかとこ物産館
大神宮から望む玉名の町
「俵ころがし」跡
米グルメフェスティバル
江戸時代の「俵ころがし」のジオラマ
「ちょっと贅沢ランチ」1500円
左から、「ポムポムタルト」432円、「サクサクパンプキン」410円
天水町の「おっぺしゃん工房」のジャム
由留木地区に広がるのどかな風景
球磨川の流れ
地下魚雷調整場の入り口
餅つきをする兵士たち