生活情報紙「あれんじ」公式サイト

(2)ドライフルーツのアンズで作る甘酸っぱいジャム

(2)ドライフルーツのアンズで作る甘酸っぱいジャム

2018年6月16日
|

ドライフルーツが大好きで、ワインのつまみにしたり、刻んでヨーグルトに混ぜて食べたりしていますが、あれもこれもと買い求めて、いつも食べ切ってしまったことがありません。

そこで思いついたのが、余ったドライフルーツでのジャム作り。ただしドライフルーツの場合、加工をする際に砂糖を加えたものが多いので、ジャムにする場合は砂糖の量を調節します。

例えばドライアンズは、細く切った後で白ワインに一晩漬けておきます。翌日、白ワインを含んだアンズはふっくらとなり、甘さと香りが増します。それだけで食べてもすごくおいしいのですが、そこはぐっと我慢してジャムにします。他にイチジクやプルーンなどもおすすめです。

またフルーツの缶詰でジャムを作ったりもします。缶詰のパイナップルや桃などは、煮詰める時間も短縮できるし、シロップに漬けてあるので砂糖の量も少なくてすみます。ただし、酸味が少ないのでレモン汁を加えるようにしています。


アンズジャムを作る

ドライアンズ…200g
グラニュー糖…100g
白ワイン…100cc
水…100cc

(1)細く切ったドライアンズを一晩白ワインに漬けたものにグラニュー糖を加えます。

(2)(1)に水を加えて中火にかけます。

(3)沸騰したら弱火にし、ヘラで混ぜながら、全体がとろりとするころ、好みのとろみ加減を確認して瓶に移します。ゆるめが好きな場合は、水を少し加えるといいでしょう。


アンズジャムのヨーグルト

プレーンヨーグルトにアンズジャムはよく合います。ナッツ類を細かく刻んで加えると風味と食感のアクセントに。