生活情報紙「あれんじ」公式サイト

県北の町で見つけた 小さな春と先人たちの志 玉東町

県北の町で見つけた 小さな春と先人たちの志 玉東町

2018年2月17日
|

140年前、日本最後の内戦・西南戦争の激戦地となった玉東町。その戦跡は町のいたる所に残り、平成25年にはその内7カ所が国史跡に指定されました。今年は明治維新150周年。武士の時代に終止符を打った戦いの場を巡ってみました。

表紙=「正念寺」の山門

文=廣木よしこ 写真=森賢一