生活情報紙「あれんじ」公式サイト

冬日和の城下の散策 温もりに癒やされて 人吉

冬日和の城下の散策 温もりに癒やされて 人吉

2018年1月20日
|

九州山地に囲まれ、清流・球磨川が市の中心を東西に貫く人吉市。鎌倉時代から約700年もの長きにわたり、相良(さがら)氏により統治され、独自の文化を育んできました。歴史的建造物や土地に伝わる文化・伝統は、2015年に「日本遺産」に認定されました。梅まつりやひな祭りなどの春のイベントを控えた人吉の城下を一日旅してみました。

表紙=人吉市中心部を流れる球磨川

文=相葉陽子 写真=森 賢一