生活情報紙「あれんじ」公式サイト

錦(にしき)散策マップ

錦(にしき)散策マップ

拡大するにはマップをクリック

フルーツの里はナシが食べ頃 緑の中のおしゃれなカフェも

 錦町は、中央に球磨川が流れ、豊かな田畑が広がります。人吉盆地の寒暖差の大きい気候を生かし、ナシやブドウ、モモなどの果樹栽培や農業が盛んです。国道219号沿いでは、果樹や野菜の直売所や無人販売所が目につきます。2015年「日本遺産」(文化庁)に、人吉球磨の相良700年にまつわるストーリーが認定されました。錦町では、相良家13代当主・相良長毎が木本神宮を建立した経緯が「日本遺産」となっています。町内の木本神宮や二宮神社は、人々から「木本さん」「二宮さん」の名称で親しまれ、毎年例大祭を開催。今も大切に管理されています。(たる)

 

掲載日:2016年10月1日号