生活情報紙「あれんじ」公式サイト

(5)山里の味・手作りコンニャク 愛情たっぷり肉厚チキンサンド

チキンカツサンド(320円)

(5)山里の味・手作りコンニャク 愛情たっぷり肉厚チキンサンド

2016年9月17日
|

ツヤコさんのコンニャク工房。夏場は地獄の暑さです

山里ならではの味覚のひとつ手作りコンニャク。菊鹿のコンニャク作りの“元祖”と呼ばれる、おばちゃんがいると聞いて、訪ねてみることにしました。

霍川(つるかわ)ツヤコさん(78)。小さな作業場の、かまどにはまきがくべられ、ぐらぐらと沸騰する大きな釜の中には、丸いコンニャクがゆがかれています。

近くに立っているだけで、すぐさま汗が止めどなく噴き出してきます。

ここでは、凝固剤に竹灰を使う昔ながらのこんにゃくが作られており、そのこりこりとした食感が人気です。コンニャク作り歴50年のツヤコさんの技を学びに来るお弟子さんもたくさんいるそうです。

霍川溜さん、ツヤコさん。結婚60年目の仲良し夫婦です

「お父さんと一緒に、仲人ば30組くらいしたよ」。ツヤコさんはおしゃべりしながらも手を休めることがありません

ゆでたコンニャク芋を家庭用ミキサーを使って砕きます

夫の溜(たまる)さん(80)が「サンショウみそも母ちゃんの手作りよ。コンニャクにつけて食べてみて」と、ごちそうしてくれました。

出来たてほやほやを、自家製のサンショウみそに絡めていただくそのおいしさといったら。身の締まったコンニャクと、サンショウの香りが効いた甘めの酢みその相性が抜群です。

他にも料理上手なツヤコさんが、作ったさまざまなコンニャク料理を用意してくれていました。

ツヤコさんのコンニャクは、地元の物産館「あぷりぃ」で購入することができます。

ツヤコさんのコンニャク。2個入り300円で絶品。「あぷりぃ」や「水辺プラザ」、辰頭温泉で購入できます

サンショウみそとコンニャクは、相性抜群

溜さんは、地域の芸能大会で「岸壁の母」を熱唱しました

溜さんお手製のだんごをごちそうになりました。サンキライの葉で包んであります

その「あぷりぃ」で、人気なのが、村上留美子さん(58)が作る「チキンカツサンド」です。びっくりするのは、そのボリューム。分厚い鶏のむね肉にとんかつソースとタルタルソースがしっかり絡み、キャベツとマヨネーズがたっぷり入っています。

「年配の方が“このカツサンドは軟らかいから食べやすか”と、買ってくださるのがうれしくて」と語る村上さん。

前日に肉をカットすると硬くなるため、手間はかかっても毎朝早起きして切り分け、じっくり揚げるのがおいしさの秘けつなのだそうです。「多くの方においしく食べてほしくて、愛情込めて手作りしています」という村上さん。

菊鹿のおいしいものがいっぱいの「あんずの丘 農産物直売所あぷりぃ」。霍川さんのこんにゃくや、村上さんのチキンカツサンドはここで買うことができます

“でっかくてびっくり!”のチキンカツサンド(320円)。食べ盛りの子どもたちから、ご年配の方まで幅広い年齢層の方が買い求めます

村上さんは、チキンカツサンドだけでなく弁当や総菜なども「あぷりぃ」に出しています

観音様に守られた町で出会ったあの笑顔、この笑顔。つかの間の楽しいひとときを過ごせば、少しだけ涼しくなった風に、秋の気配を感じたのでした。

相良寺参道脇に落ちていた木の実に秋の訪れを感じました

あんずの丘マロンフェスタ

西日本一の生産量を誇る「山鹿和栗」を中心においしいもの満載のイベント!栗スイーツ新商品発表会、販売会や、山鹿の味が集合した屋台村、焼き栗の試食会やつかみどり、マロンゲームラリー抽選会などが楽しめます。
日時:9月22日(木・祝)10時〜16時
場所:山鹿市特産工芸村「あんずの丘」(山鹿市菊鹿町下内田733)
お問い合わせ:山鹿市特産工芸村「あんずの丘」(管理棟)
TEL/0968-48-3100

問い合わせ

あんずの丘 農産物直売所「あぷりぃ」