生活情報紙「あれんじ」公式サイト

(3)八方ヶ岳を望む小高い丘で本格的なスパイスカレー

バターチキンカレー

(3)八方ヶ岳を望む小高い丘で本格的なスパイスカレー

2016年9月17日
|

「○○処 すなごだ」の外観。「“すなごだ”は、この辺の地名。“○○処”は、カレーだけではなく、おだし教室や和バチの飼育講座など、何でもやれるという意味です」と店主のヒデさん

相良観音さま近くの小高い丘の上に、白壁の小さな建物が立っています。抜けるような青空をバックに東に八方ヶ岳(やほうがだけ、1052m)、北に国見岳(1018m)が見えます。東南から棚田を渡って涼風が抜けていきます。

ここにあるのが、昨年3月にオープンした「○○処 すなごだ」という不思議な名前のスパイスカレーの店です。

「こんな山奥に、カレーの店?」と、ミスマッチな感じもしましたが、観音様もカレーもインドがルーツときけば、何かのご縁で結ばれているように思えてきます(笑)。

厨房からは、スパイシーないい香りが漂います。同店オリジナルのバターチキンカレーは、明るいオレンジ色。ハーブ鶏とバターと生クリームをオリジナルスパイスでじっくり煮込んだ本格的な味わいです。

バターチキンカレー。サラダ、ミニコーヒーが付いて1000円。キーマカレー、ポークカレーも人気

ラッシーは、シナモン、カルダモンなどスパイスの効いた味。米粉のパウンドケーキ付きで500円

問い合わせ

スパイスカレーと珈琲の店「○○処 すなごだ」