生活情報紙「あれんじ」公式サイト

そよ風渡り、新緑もえる 西原村

野焼きが終わった俵山から見た西原村と熊本市街の風景

そよ風渡り、新緑もえる 西原村

2016年4月16日
|

「阿蘇くまもと空港」に隣接する阿蘇郡西原村。空を仰げば、いつも飛行機が飛んでいます。考えてみれば、ここは熊本から東京・大阪に一番近い村です。つまり、大都会の間近にある自然と人情にあふれたふるさとでもあるわけです。西原村に残る昔ながらの暮らしや自然に触れ、いろんな笑顔に包まれて一日過ごしました。

日の斑(ふ)躍る/石段を踏めば/水音の走り抜け
※木漏れ日がまだら模様を落とす石段を上っていくと滝の水音がまるで風のように木立の中を走り抜けていきました。

表紙=白糸の滝の荘厳な風景

文=福永和子 写真=森賢一(グラフ)