生活情報紙「あれんじ」公式サイト

潮の香匂う入り江の春に憩う 﨑津・今富

幸木

潮の香匂う入り江の春に憩う 﨑津・今富

2016年4月2日
|

天草下島の南西部、深く入り組んだ羊角湾のほとり(天草市河浦町)。入江の奥に広がる山手の農村集落が今富(いまとみ)地区、海岸線に密集した漁村が﨑津集落です。一帯に脈々と継承されるキリスト教文化と、ガイドブックには載っていない漁村の日常に触れてみました。

表紙=海に浮かぶように見える﨑津教会

文=木下真弓 写真=森賢一(グラフ)