生活情報紙「あれんじ」公式サイト

(5)おやつはケーキ!? “お姫さま”の豚肉

スポンジケーキやバームクーヘンを食べるプリンセスポーク

(5)おやつはケーキ!? “お姫さま”の豚肉

2016年2月20日
|

プリンセスポークのベーコン(100g)400円、ポークウインナー390円、ポーク粗挽きフランク390円など

ケーキを食べて育つ、お姫さまのようなメス豚がいると聞きました。その名も「プリンセスポーク」。約1600頭の豚を育てる「前田牧場」(前田和彦社長、36)が誇る選り抜きのメス豚に付けられるブランド名です。前田社長は23歳で祖父の代から続く養豚業を継ぎ、関東の大手種畜牧場へ修業に出向きました。そこで食べたトンカツのおいしさに衝撃を受けたといいます。

「それまで、父が育てる豚が一番おいしいと思っていましたが、明らかにこちらのほうがうま味が強かった。ショックでした」。2年間の修業を通じて、種豚の血統やエサ、育て方によって肉質や味わいに差が出ることを実感した和彦さん。

「もっとおいしく、指名買いしてもらえるようなブランド豚を育てたい」と、帰郷後すぐに父・昌彦さん(61)に相談し、約2年ですべての種豚を納得のいくものに変えました。おがくずを使ったバイオベッドを導入することで環境にも配慮しています。

「プリンセスポーク」と名付けた豚肉は、同牧場の健康状態のいいメスの豚だけを選りすぐり、大麦や小麦をベースとしたプレミアム飼料を与えて育てたもの。おやつにはなんと、スポンジケーキやバームクーヘンを与えています。

「脂身が甘く、口どけがいいと評判。欲張らず少しずつ定着させていきます」と前田さん。プリンセスポークは、飲食店や地元スーパーなどで提供されているほか、ソーセージやベーコンなどの加工品も人気です。

左から前田和彦さんと父・昌彦さん 。「大事に育てた豚ですから、一番おいしい状態で召し上がっていただきたい。だから加工品も冷凍ではなく、新鮮な肉を使っています」

スポンジケーキやバームクーヘンを食べるプリンセスポーク

問い合わせ

前田牧場

  • TEL.096-272-0417
  • 〈プリンセスポーク精肉販売店〉
    ウエッキー(植木町)、三河屋(合志市)、フーディーワン楠店(熊本市、月1回の販売)
  • ※加工品は「Uekiもんマルシェ」会場で販売されています
  • ※希望があれば、堆肥の譲渡も可