生活情報紙「あれんじ」公式サイト

玉名東散策マップ

玉名東散策マップ

拡大するにはマップをクリック

菊池川の水運で栄えた港町 西南戦争の歴史を今に伝えて

 江戸時代に米の集積地として栄えた玉名市髙瀬。荷物の積み出しのために作られた運河・髙瀬裏川から商家の建物に続く石段など、水運の町として栄えた風情が今も残ります。古い蔵を改修した「髙瀬蔵」は、イベント会場などとして町の情報発信を担っています。一帯は「髙瀬裏川水際緑地公園」として整備され、5月になると紫色のしょうぶが咲き誇り、訪れる人を楽しませてくれます。西南戦争で激戦が繰り広げられた地域でもあります。歴史に思いをはせ、ぶらり歩いてみたい町です。(ほま)

 

掲載日:2016年2月20日号