生活情報紙「あれんじ」公式サイト

(3)憧れの温泉地で 理想の宿づくりを目指して

「かえで膳」2500円

(3)憧れの温泉地で 理想の宿づくりを目指して

2015年12月5日
|

湯に浸りながらやまなみを眺める「彩もみぢ」の大浴場。入浴料は大人500円、子ども300円。入湯手形の利用もできます。貸し切り風呂は1室1000円~

温泉とそばが楽しめるスポットを見つけました。今年10月10日にオープンした「彩もみぢ」がそうです。

山の中腹に立つ立ち寄り温泉施設は、大浴場と6つの貸し切り風呂があり、大浴場からは小萩山の尾根が目の前に広がります。その開放的な風景は、谷間にある温泉街とはまた違った風情です。

「いい景色でしょ。さらに登るとパノラマの絶景が広がるんですよ」とオーナーの藤部光晴さん(45)。来年4月には、その絶景を望む離れの宿「月洸樹(げっこうじゅ)」がオープンする予定です。「黒川で理想の宿づくりを目指したいと思います」と藤部さんは声を弾ませます。

大分出身の藤部さんはプライベートでも温泉めぐりが趣味で、数多くの温泉地を訪れているそうです。

「これまで訪れた中で黒川温泉がベスト1ですね。その場所に宿を構えられるのだから、景色だけでなく、料理やおもてなしも最高の物を用意します」。黒川温泉では久しぶりの新しい宿が誕生するとあって、同業の女将さん達からも応援してもらっているとか。地元の人たちの温かさや人柄のよさに、ますます黒川温泉が大好きになったと語ります。

阿蘇の名物・あか牛丼とざる蕎麦を一度に味わえる「かえで膳」2500円

長年、温泉旅館で腕を振るってきた料理長が作る繊細な味が楽しめる「もみぢ膳」2300円

湯上がりは敷地内に設けた囲炉裏端で暖をとるのもいいものです

問い合わせ

彩もみぢ