生活情報紙「あれんじ」公式サイト

(2)木漏れ日の注ぐテラス キャンプ気分でカフェ

「自然カフェ」

(2)木漏れ日の注ぐテラス キャンプ気分でカフェ

2015年9月19日
|

自然に囲まれた「自然カフェ 洋ちゃん」。材料を持ち込めば、バーベキュー用品を無料で貸し出してくれます

見渡す限り緑の草原。さわやかな空気を胸一杯に吸い込みます。朝が早かったせいか、何だかおなかがすいてきました。

近くに、波野の自然の真っただ中でくつろげるカフェを見つけました。敷地1000坪、標高850mに建つ山小屋の「自然カフェ 洋ちゃん」です。

「若い時から山小屋を持つのが夢だったんですよ」というオーナーの松本洋次郎さん(65)は、元警察官。ニッコリとほほえむ笑顔に、優しい人柄がうかがえます。

松本さんは、14年前、波野に念願の山小屋(別荘)を建て、昨年9月にカフェとして活用することにしました。

ウッドデッキのテラスの周囲は木立に囲まれ、ヒゴタイ、ハナシノブ、コスモスなどの山野草が彩りを添えています。

松本さんの気さくさからか、カフェと言うより友達の別荘に遊びに来たような気分です。

普段はオーナーの松本洋次郎さんが一人で切り盛りしていますが、時々、妻の久美子さん(61)が助っ人に

「自然カフェ」の名前の通り、目の前に広がる波野の緑。心もお腹も満たされます=自然カフェ 洋ちゃん

自慢のメニューは、「ビーフカレー」。ホロッとやわらかいビーフがたっぷり入ったカレーは、ほどよい辛さの優しい味で、セットになった「有機ブレンドコーヒー」も香りが豊か。「コーヒーはおかわり自由ですよ。ここは、何時間いてもかまいませんからね」という松本さんの笑顔に癒やされます。

すっかりくつろいで腹ごしらえを終えたら、また元気が出てきました。ドライブ続行です。

まろやかな辛さがうれしい「ビーフカレーセット」1000円。スープ、サラダ、コーヒー付き=同

久美子さんも元県警職員。悲惨な飲酒事故の撲滅を願い、「飲んだら乗るな~飲酒運転撲滅音頭~」を自主制作し、県警に提供したそうです

まろやかな味わいの「有機ブレンドコーヒー」500円。食事とセットでもドリンクのみでもおかわり自由

問い合わせ

自然カフェ 洋ちゃん