生活情報紙「あれんじ」公式サイト

人情味あふれる 秋祭りでにぎわう 矢部

白糸大地を潤してきた通潤橋

人情味あふれる 秋祭りでにぎわう 矢部

2015年9月5日
|

熊本と宮崎を結ぶ「日向往還」の山あいの里に、秋の訪れを告げる上益城郡山都町の八朔祭(はっさくまつり)。9月5日と6日の両日に矢部地区(旧矢部町)を舞台に開催されます。伝統的な祭りに込めた町の人たちの思いや、通潤橋、円形分水など、今もなお故郷の大地を潤している歴史的建造物を訪ねました。

表紙=矢部のシンボル的な存在、初秋の通潤橋

文=福永和子 写真=森賢一(グラフ)