生活情報紙「あれんじ」公式サイト

(4)島で唯一の現役海女さん 漁に食堂に大忙しの毎日 

少し高台にある「海女ちゃん食堂乙姫屋」

(4)島で唯一の現役海女さん 漁に食堂に大忙しの毎日 

2015年6月20日
|

「海女ちゃん食堂乙姫屋」を経営する漁師の姫野優さんと、妻で海女をしている千月さん

湯島に、ただ一人の海女さんがいます。姫野千月(ちづき)さん(40)は、夫の優(まさる)さん(45)と、お店が忙しい時以外は、素潜りでアワビやウニを捕っています。

とにかく千月さんは働き者。昼間は「海女ちゃん食堂乙姫屋」で、予約客のために捕ったばかりの魚介の料理を用意し、その後、干潮時を待って漁に出るというハードさです。

夫妻の漁に同行しました。島の裏手の漁場に船を止めると錨が打たれます。ウエットスーツに身を包んだ2人は、9キロ以上はあるおもりを体に巻き付けます。

ゴーグルと足ヒレを付け、腰にひもでつないだ桶を海に放りだし海の中に潜っていきます。それから数分もしないうちに、ウニやアワビを手にして海面に顔を出します。それを何度も繰り返すのですが、見ているそばから相当な肉体労働であることが分かります。

1人で素潜りの漁に出ることもあるという千月さん

木桶を海面に浮かばせて、あっという間に海の中に潜る千月さん

小1時間であっという間にウニやアワビが桶にいっぱいになります

「ふとかアワビが捕れたばーい!」とご満悦の優さんのドヤ顔(笑)

この季節はアカウニとムラサキウニが捕れます。写真はアカウニ。濃厚な味です

千月さんは三人姉妹の長女。東京の服飾関係の学校を出て美容師をしていたのですが、島に残る両親の世話をしたいと、優さんと10年前に戻ってきました。5人の子どもに恵まれ、福岡の短大に通う長女(20)と、玉名市の高校に通う次女(17)は島を離れており、長男(15)、次男(9)、三女(7)は島の学校に通っています。

「小さい頃から素潜りは得意で、何の抵抗もなく海女になりました。島育ちですからね」と千月さん。その笑顔から日々の充実ぶりがうかがえます。

それから、てっきり千月さんと幼なじみだと勘違いしていた優さんですが、その履歴を聞いて、あんぐり。彼は大分県出身で、東京で美容師をしていたときに千月さんと出会い結婚し、島にやって来たのだそうです。

「釣りが好きだったので、カミさんが島に帰りたいと言ったとき、俺が漁師になるのもいいかな、と思ったんです」と優さん。

漁師の千月さんのお父さんの背中を見ながら、必死に付いていったと優さんは振り返りますが、何より、島の人たちに快く受け入れてもらったことが、漁師を続ける支えになったと話します。

今じゃすっかり島の男の顔。白く細かったと言う美容師のころの指先も、ゴツゴツとしたたくましい漁師の手に変わっていました。

そんな2人が営む「乙姫屋」は繁盛しています。昼間は食事処、夜は居酒屋として営業しています。最終の定期便が出航しても、釣り船屋も営む優さんの船で送ってもらえる(有料)と聞けば、大宴会を企画したくなるってもんです。

少し高台にある「海女ちゃん食堂乙姫屋」に海からの風が渡り、心地良いのです

空き家だった古民家に手を入れ「海女ちゃん食堂乙姫屋」として営業しています

夏はかき氷が味わえます。300円。初回のミルクはかけ放題

海の幸をふんだんに使った「海女ちゃん定食」(1000円~)の前菜

「海女ちゃん定食」のガラカブのみそ汁のおいしいこと

新鮮な旬の魚料理が登場する「海女ちゃん定食」。ウニやタコ、刺し身や煮付けなどどれも美味

千月さんの妹の河上奈奈さん(36)。震災などのボランティア活動経験で世界観に変化が。島に戻り、さまざまな活動を行っています。8月22(土)・23日(日)に雑貨やアート作品などのマルシェを開催予定

夕刻の湯島の島影が遠くなると、さびしさに包まれました

夕刻に吹く西よりの風に「明日も天気だ」と笑った千月さん。すっかり仲良くなって話が弾んだのはいいけれど、マズイ!(汗)。すでに、定期船の最終便が出てしまった後…。

「大丈夫、送ってくから」と優さんが陽気に笑って、船着き場から姫野家の子どもたちも一緒に見送ってくれたのでした。

別れがたいとは、こういう気持ちをいうのでしょうか。遠くなっていく湯島の島影、夕映えの雲が刻々と暮色を濃くしていけば、寂しさがつのります。

また、あの屈託のない湯島の笑顔に会いにいきます。必ず、訪ねて行きます!


問い合わせ

海女ちゃん食堂 乙姫屋

  • 上天草市大矢野町湯島610
  • TEL.080-5604-4292
  • 営/10時~20時(不定時)
  • 休/不定
  • ※希望する食事時間の2時間前までに要連絡を。
  • ※食材やメニューは日により変更。
  • ※漁の状況によって予約ができない場合もあります。