生活情報紙「あれんじ」公式サイト

(3)ハワイアンスピリッツを舞う喜び ケーキのサイズに、びっくり仰天

ショートケーキは260円、ベークドチーズは240円

(3)ハワイアンスピリッツを舞う喜び ケーキのサイズに、びっくり仰天

2015年5月16日
|

「ケ・アロハ・オ・アンナ」を踊ってくれました。大好きな歌になりました

「水俣市は、フラダンスが盛んです」と聞きました。興味を引かれ訪ねたのは「カーネーション野口フラダンススクール」。

主宰の野口紀美代さん(74)は、フラ歴約20年。若々しくチャーミングな笑顔で迎えてくれました。

「35年間勤務したNTTを介護のために早期退職して、フラを習い始めました。以来、フラ一筋です。ハワイアンの音楽に合わせて体を動かしていると、心も体もほぐれていくようです」と語る野口さん。

野口さんの教室では、3歳から83歳までの生徒が、フラを楽しんでいます。

生徒の平石麻紀さん(38)は「仕事と子育てに忙しい毎日ですが、フラは自分を取り戻せる特別な時間なんです」とにっこり。

みんなで披露してくれたダンスは「ケ・アロハ・オ・アンナ」。いとしい人への熱い思いが込められた曲です。愛する人を思う情熱的な表情と繊細な手や足の動きがハワイアンミュージックに溶け合い、ワイキキビーチの波の音が聞こえてくるようです。

メンバーの皆さんは、16日(土)13時から「水俣ローズフェスタ」でフラダンスショーを披露します。

ハンドモーションで「アイラブユー」とポーズしてくれた左から平石麻紀さん、犬童真理さん(56)、瀬田瞳さん(33)

とにかくチャーミング!「カーネーション野口フラダンススクール」の野口紀美代さん

問い合わせ

カーネーション野口フラダンススクール

 

ふんわり軟らかなもちに、こしあんと生クリームがとろりと溶け合う幸せの味

地元で長い間愛されているケーキ店を訪ねました。「鬼塚日昭堂」の引き戸を開けると、甘い香りが漂います。

ショーケースに並ぶロールケーキやショートケーキの数々。ン(?)目の錯覚でしょうか。いずれも通常より一回りも二回りも大きいような・・・。

「特別な日じゃなくても、腹いっぱい食べてもらいたかけん、価格ば抑えてでっかくしとるとですよ」と語るのは、スタッフの鬼塚順也さん(47)。

「ダイエットしようと思とったとに、また来てしもうたよー」と笑いながら来店するお客さんも、なんだか幸せそうです。

同店の創業は、昭和23(1948)年。元々は和菓子店でした。現在は、2代目社長の幸男さん(74)と長男の憲幸さん(48)が和菓子を、次男の順也さんが洋菓子を担当し、家族でお店を切り盛りしています。

「うちの名物ば食べてみて。全国から注文がくるとよ」。妻の万貴子さん(69)からいただいた生クリーム大福は、ふんわり軟らかなもちに、こしあんと生クリームがとろりと溶け合う幸せの味。確かに、ダイエットのことなど忘れさせてくれるおいしさでした。

地元の人に愛されて60有余年の「鬼塚日昭堂」

笑顔で迎えてくれた「鬼塚日昭堂」の皆さん。左から、鬼塚順也さん、万貴子さん、幸男さん、水戸美咲さん(16)、中村萌都さん(26)

生クリームをたっぷり使ったショートケーキは260円、ベークドチーズは240円。超ビッグサイズです

大福は、生チョコ、生くりーむ、なま茶の3種類。 いずれも110円


問い合わせ

鬼塚日昭堂