生活情報紙「あれんじ」公式サイト

山に谷に新緑の風 五木村

「頭地橋」と「頭地大橋」が並ぶ様子

山に谷に新緑の風 五木村

2015年5月2日
|

標高1000mを超える九州せき梁の山々に囲まれる球磨郡五木村。清流・川辺川が村を貫き、野草が生い茂る原生林や鍾乳洞などの自然、川辺川に向かってジャンプするブリッジバンジージャンプなど大地を楽しむアクティビティも多彩です。子守唄の里として知られるこの一帯には、自然と寄り添いながら生きる人々の心豊かな暮らしがありました。

表紙=山の中腹から眺めた五木村の里

文=木下真弓 写真=森賢一(グラフ)