生活情報紙「あれんじ」公式サイト

(7)素朴さが魅力のかしわそば 伯父から受け継ぎ守る味

「食堂ゆき」のホルモン煮込み定食700円

(7)素朴さが魅力のかしわそば 伯父から受け継ぎ守る味

2015年5月2日
|

甘めの味噌にニンニクの風味が後を引く「食堂ゆき」のホルモン煮込み定食700円

「食堂ゆき」は、旧頭地地区にあった「加藤食堂」の味を引き継ぐお店です。切り盛りするのは、木下真利子さん(55)と、義理の妹の永里久美子さん(50)です。

「加藤食堂は伯父の店なんです。惜しまれながら店を閉じたんですが、ひょんなことから店をしてみらんねって話になって」と、木下さん。太くて短い十割そばを甘めのだしで味わう昔ながらのかしわそばや、ニンニクがきいたホルモンの味噌煮込みは、伯父さんからの直伝。懐かしがって訪れる、当時の常連客もいます。

地の縁や人の縁を大切にする五木村の人たち。助け合い寄り添い合って暮らすなかで、古くからの半自給的な暮らしにも、新たな価値が生まれていました。何も特別なことではなく、普段の日常こそが、美しい日本の原風景を支えているのだと気づかせてもらった、五木の旅でした。

五木のふるさと新緑祭り

■日付/5月9〜10日
■時間/10〜15時
■場所/五木村子守唄公園
■TEL.0966-37-2212(五木村 ふるさと振興課)

問い合わせ

食堂ゆき