生活情報紙「あれんじ」公式サイト

伝統の技と新しい感性 歴史と今が織りなす魅力 鹿本町

伝統の技と新しい感性 歴史と今が織りなす魅力 鹿本町

2015年2月7日
|

白壁の蔵や老舗の商家が今も健在で、趣きのある商店街を残す山鹿市鹿本町。かつては、菊池川を利用した水運と、豊前街道の陸運が交差する要衝として栄えました。歴史ある町で出合ったものは、伝統の良さを伝えながらも新しい魅力にあふれた力でした。

表紙=「水辺プラザかもと」近くの内田川の堤防沿いから見た水路

文=相葉陽子 写真=森賢一(グラフ)