生活情報紙「あれんじ」公式サイト

中世の面影を残す街に 深まる秋を探して 菊池市

菊池渓谷を錦の絵巻に変える紅葉

中世の面影を残す街に 深まる秋を探して 菊池市

2014年11月1日
|

平安時代の末から室町時代後半まで九州の武門の雄・菊池氏が治めた菊池には中世の香りが色濃く残ります。

豊かな菊池水系は、全国的に名高い菊池米をはじめとする種々の産物を育んできました。

晩秋の様相を深める街に季節の色と笑顔、おいしいものを訪ね歩いてみました。

表紙=築地井手の秋の風景

文=松田有美 写真=森賢一(グラフ)