生活情報紙「あれんじ」公式サイト

(5)町のうまいものが集結 元気な主婦ら切り盛り

全て天然酵母のルヴァンを使い、小麦の香りが立つパンに

(5)町のうまいものが集結 元気な主婦ら切り盛り

2014年10月4日
|

手前から、●丸ごと卵を包んだ「たまご万十」140円、●「高菜寿司」(4切れ入り)140円、●「あげ巻き寿司」(4きれ入り)180円、●「シカのから揚げ」200円、●「椎茸南蛮」170円、●「お煮染め」350円、●「手作り柚子ごしょう(赤)」370円、●「手作り柚子ごしょう(緑)」400円

野菜や果物、お総菜を作る生産者組合が運営するという「えびす物産館」を訪ねました。

新鮮な野菜や果物も魅力ですが、お総菜や万十などの加工品も人気です。竹炭から取った灰汁(あく)にもち米を浸し、タケの皮に包んでゆがく「あくまき」や、しょうゆを搾った後の搾りガラで作る「干しみそ」といった伝統食から、ふくれ菓子や黒糖万十といった懐かしいお菓子、お総菜など、品ぞろえも豊富です。

「珍しいのはシカのから揚げですね。槻木地区といって、ここから50分くらい離れたところから毎朝早くに持って来てくれるんですよ」と主任の嶋本理絵さん(50)。町内のおいしいものが「えびす物産館」に集まっています。

野菜を納品に来る農家の女性たちも、地元の名物を知りつくしたスタッフたちも、いつも元気いっぱい。調理の方法や保存の仕方などを直接聞くこともでき、地域の交流になっています。

10月から毎週土・日曜は10種類ほどの万十やシフォンケーキなどのおやつが1個70円程度になる「まんじゅうバイキング」も開催

素朴なおやつもたくさん。右上から時計回りに、「ふくれ菓子」330円、「みょうが饅頭」350円、「ゴーヤの砂糖煮」300円、「おはぎ」220円、「黒糖からいも万十」330円、「黒糖万十」330円

物産館に出している得意の一品を紹介してくれた「えびす物産館」加工部のお母さんたち。右から有薗浅子さん(78)、岸川由美子さん(53)、山本繁子さん(62)、嶋本理絵さん(50)、吉村寿栄子さん(62)

「きな粉ばいっぱい付けて食べなっせ」と進めてくれた、なめらかでモチモチの有薗浅子さんの「あくまき」340円

問い合わせ

えびす物産館

 

愛され続ける老舗の洋食店

県立多良木高校の売店でも人気だというオムライスを求めて、43年続く定食屋「まつ藤」へ。

店内に入ると、小上がりのお座敷が並び、和食店のような雰囲気ですが、メニューはミックスフライ定食やナポリタン、ハンバーグと洋食がメーンです。

「父は大阪で洋食を勉強し、自分は神戸で修業しました。みなさんには、親父の味に親しんでもらっているので、その味を受け継いでいるところです」と、店長の松藤正秀さん(42)。

自慢は、創業当時から変わらない味のデミグラスソース。毎日減った分だけ材料を加え、継ぎ足しながら使っています。熱々の鉄板にのせられたデミグラスソースがかかったポークチャップは、懐かしい洋食屋の味がします。たっぷりのソースがあまったら、ご飯にかけてもおいしいのです。

店長おすすめの「Aランチ」1296円。鶏ももグリルやエビフライ、魚フライ、オムレツと、デミグラスソースがよく合うおかずばかり=「まつ藤」

「変わらない味で、お客さんに喜んでもらいたい」と店長の松藤正秀さん

スパイシーなチキンライスがギュッと詰まった「オムライス」648円。小盛りもあります592円


問い合わせ

まつ藤

 

地産地消のこだわりパン屋

人吉市や熊本市にも出店する人気のパン屋「ナチュラル」は、小麦粉から起こした天然酵母・ルヴァン種を使ったパン作りにこだわっています。

オーナーの恒松親一郎さん(51)の祖父が、昭和13年に学校給食のパンを作り始めたのがお店のルーツ。東京で修業した親一郎さんが、20年前からパンと地元の食材を使ったケーキを作って販売しています。

「祖父と父の代は『世界パン』の屋号だったんです。と言うのも、じーちゃんの名前が『世界』だったんです。カッコイイでしょ(笑)」

そんな初代の名前は、「ワールドベーカリー」として現在の会社名に受け継がれています。

頭(こうべ)を垂れ始めた稲穂の上を、赤とんぼが飛んでいます。長くなった影法師を踏めば、香ばしい秋の匂いに包まれます。静かな山里は、次第に黄金色に染まっていくのでした。

全て天然酵母のルヴァンを使い、小麦の香りが立つパンに。奥、8個分の生地を焼いた直径25cmの「メロンパン」540円、お総菜パンではダントツの人気「たこ焼きパン」165円、シンプルだけどヤミツキの「塩バターロール」1個65円

ホクホクのサツマイモとかぼちゃを乗せた「いもとかぼちゃのタルト」350円は、秋・冬のおすすめのスイーツ

「ナチュラル」のパンを担当するチーム。右から、スタッフの宮田実さん(37)、オーナーの恒松親一郎さん、スタッフの竹下直亨さん(28)

カントリー調の素敵な外観の「ナチュラル」。店内ではイートインも可能です

問い合わせ

ナチュラル