生活情報紙「あれんじ」公式サイト

春の日差しに輝く奥球磨の里 湯前町

春の日差しに輝く奥球磨の里 湯前町

2014年4月5日
|

くま川鉄道の終着駅となる湯前町(球磨郡)。九州山地の峻険な山並みを間近に望む奥球磨の町は、田園の水路の流れも軽やかに、阿弥陀堂や神社の境内では木立の緑が輝きはじめています。あたたかな春の一日、心地よい里山を歩いてみました。

文=廣木よしこ 写真=森賢一(グラフ)