「新坂」「観音坂」「春木坂」… “坂”が交差する城下町

※新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う休校のため、「中学校めぐり」は一部内容を変更し、 今回は熊本市の京町かいわいをご紹介します。

熊本城の北側に広がる京町。その昔阿蘇の大噴火によってできたといわれる高台で、町のあちこちに「新坂」「観音坂」「春木坂」など名称の付いた坂が点在しています。

熊本地方気象台は、2011(平成23)年、西区春日に移転し、桜の開花を知らせる標本木なども移されましたが、無人のアメダス観測所は現在もこの地にあります。

町を歩くと、江戸時代に創業した風情ある醸造蔵もあれば、その近くに広々としたガレット専門店、オープン間もないドーナツ店など、新旧の店舗が並んでいます。坂を上ったり、下ったりしながら歩いてみると、新たな発見があるかもしれません。(ほま)


各情報は掲載時のものです。料金や内容が変わっている場合もあります。