地上約6mの空中回廊から 熊本城復旧への歩みを体感

※新型コロナウイルス感染症の影響で、「中学校めぐり」はしばらくの間、一部内容を変更しています。

熊本城の特別見学通路が6月に公開されました。全長約350m、床には県産ヒノキ材を使用した地上約6mの空中回廊です。熊本地震後、遠くから眺めることしかできなかった熊本城の被害状況や復旧の過程を、これまでとは違った視点で、すぐそばから安全に見ることができます。

熊本城総合事務所の吉村裕仁さんは、「熊本城ミュージアムわくわく座では、特別見学通路の見どころを、最新のVR(バーチャルリアリティー)映像とスタッフのライブ解説で紹介しています。これを見て事前学習しておくと、熊本城見学がより一層楽しめますよ」と話します。

完了まで全体で20年かかるといわれている復旧工事。その様子をリアルに見ていくことができます。生まれ変わろうとしている熊本城の姿を、目に焼き付けに行きましょう!(ジリィ)


各情報は掲載時のものです。料金や内容が変わっている場合もあります。