モダンな建物が目を引く画材店や書店 庶民的なグルメも点在する城下町

※新型コロナウイルス感染症の影響で、「中学校めぐり」はしばらくの間、一部内容を変更しています。

熊本城のお膝元、新町は加藤清正が熊本城を築城した際に整備した城下町で、今もなお当時の風情が感じられます。

市中心部から熊本市電に乗って向かうと、洗馬橋電停近くには、和洋の美術品や画材が並ぶ美術・画材専門店の文林堂本店、次の新町電停前には、1924(大正13)年に完成したレトロな長崎次郎書店の建物が見えてきます。

電車を降りて路地を歩いてみると、地元の方に人気の精肉店のお総菜や、天草のソウルフード「がねあげ」の専門店、熊本名物辛子レンコンを独自の商品にアレンジする老舗など、気になる店が点在しています。

おいしいものを探しながら歩いてみても楽しい町です。(ほま)


各情報は掲載時のものです。料金や内容が変わっている場合もあります。