干し大根の「寒漬」作りを通じて 食のありがたさと伝統の味を学ぶ

津奈木中学校の1年生は、町やJAあしきた青壮年部津奈木支部の協力のもと、地域に昔から伝わる干し大根の漬物「寒漬」作りに取り組んでいます。

12月に、肥料や農薬を使わずに地元で育てられた大根を、生徒たちが収穫して塩漬けにしました。1月に校内で干し、2月にしょうゆやユズなどで味付けをして、近くにある「つなぎ百貨堂」などで販売されます。

池田公介校長は、「一つの食品が完成するまでの工程を学び、地域に伝わる食文化を知る良い機会になっています」と話します。(ジリィ)

津奈木町立津奈木中学校

芦北郡津奈木町岩城425

TEL.0966-78-2019


津奈木町立津奈木中学校区を担当する熊日販売センター

水俣北部販売センター

芦北郡津奈木町岩城2122-8

TEL.0966-78-2171


各情報は掲載時のものです。料金や内容が変わっている場合もあります。