〝4・3・2制〟の小中一貫教育 ホッケー部からU15日本代表も

2008(平成20)年4月から、小中一貫教育校として新たにスタートした小国中学校。義務教育期間を〝4・3・2〟の前期、中期、後期に分け、9年間を見通した教育を行っています。

体育館やランチルームには小国杉がふんだんに使われ、校舎から柔らかい木の香が漂ってくるようです。

同校には中学校で県内唯一のホッケー部があり、男子は今年の全日本中学ホッケー選手権大会でベスト16に。女子チームは、九州大会5連覇を果たしました。

「町内に熊本国体を機に整備された人工芝の林間広場があり、毎日ここで練習に励んでいます」と、顧問の石川嵩晃先生(25)。実は石川先生も同校ホッケー部の卒業生で、本年度のU15ジュニアユース日本代表チームのコーチも務めています。「今年は本校から男女2人が日本代表チームに選ばれ、先日オーストラリアで開催された、U15 2019年ホッケーFHEカップで、見事アベック優勝を果たしました。今後も熊本・小国から世界で活躍できる選手を育てていきたいと思います」と語ってくれました。(ほま)

小国町立小国中学校

阿蘇郡小国町宮原200-1

TEL.0967-46-3225


小国中学校区を担当する熊日販売センター

小国販売センター

阿蘇郡小国町宮原1734-2

TEL.0967-46-3910

杖立販売センター

阿蘇郡小国町下城4149

TEL.0967-48-0445


各情報は掲載時のものです。料金や内容が変わっている場合もあります。