清和文楽人形の動きを模した 「所作踊り」を、地域のお祭りで披露

清和中学校の生徒たちは小学生の頃から、郷土芸能の人形浄瑠璃芝居「清和文楽」を学び、人形遣いや三味線などを練習しています。

3年生になると、文楽人形の動きを取り入れた「所作踊り」を総合的な学習の時間に練習し、「文楽の里まつり」(9月開催)などのステージで披露します。

寺崎暁里(あかり)さんは、「私は小学生の時に清和に引っ越してきて、伝統的な清和文楽に引かれました。所作踊りは指先の動きなどが難しいですが、皆で息を合わせて舞台を成功させたいです」と話していました。

こうした取り組みが生徒たちの郷土愛を育み、地域の伝統を次世代へとつないでいます。(ジリィ)

山都町立清和中学校

上益城郡山都町大平410

TEL.0967-82-2124


山都町立清和中学校区を担当する熊日販売センター

清和販売センター

上益城郡山都町大平322-4

TEL.0967-82-2253


各情報は掲載時のものです。料金や内容が変わっている場合もあります。