住宅街の一角にある「viennoiserie belle couche」。 県内外から多くのファンが訪れる人気店です

「viennoiserie belle couche(ヴィエノワズリ ベル コーチ)」は、クロワッサンとデニッシュの専門店。店主の仲田朝昭さん(52)はクロワッサン好きが高じて脱サラし、妻の麻紀子さん(51)とともにこの店を開きました。4種類のフランス産小麦に、北海道や宮崎県などから取り寄せるこだわりのバター数種を折り込んだ生地は、仕込みに3日間もかけるそうです。

「時間をかけて作っているので1週間冷蔵しても、食味が変わらないのが自慢です」という仲田さん。テークアウトしたクロワッサンをホイルでくるんで軽く焼き戻すと、サクッとした食感とともにほうじゅんなバターの風味と小麦の香りが広がります。

焼きたてのクロワッサン8種とデニッシュが並ぶ朝の時間がおすすめ。お邪魔したのは午後だったこともあり、売り切れ続出でした

高校が休みの日にお店を手伝う娘の明世さん(18)。「父がパン屋さんを始めると言い出した時には驚きました。以前より忙しくなって家族の時間が減ってしまったのはさみしいけれど、父の夢を応援したいと思います」とはにかみながら教えてくれました。

左から仲田朝昭さんと娘の明世さん、妻の麻紀子さん

viennoiserie belle couche

菊池郡菊陽町原水1190-09

TEL.070-6599-0798

営/10時〜完売まで

休/火曜(ほか、臨時休業あり)

旅のおみやげ 菊陽町 菊陽食肉センターで見つけた「馬角煮飯の素」

馬角煮飯の素(626円)

馬肉の赤身や脂身など、さまざまな部位をミックスした、馬肉専門店ならではのご飯の素を見つけました。「ゴボウやニンジンなど具だくさん。ショウガの香りと甘めのしょうゆで味付けされていて、アツアツごはんはもちろん、冷めても、おにぎりにしてもおいしいですよ」と話すのは同センター社長の橋本龍生さん(43)の長男で、店を手伝っていた高校生の龍弦さん(18)です。いとこの島村一星ちゃん(9カ月)も遊びに来ていました。

橋本龍弦さんと、いとこの一星ちゃん

菊陽食肉センター

菊池郡菊陽町久保田265-1

TEL.096-232-2513

営/8時〜18時

休/なし


旅の終わりに・・・

この小さな旅でいろんな笑顔と出合うことができました。鼻ぐり井手の近くを歩いていて誰かの視線を感じ、辺りを見回すと何ともあいきょうのあるワンちゃんでした。ブロック塀に両手(前足)をかけ、こちらをのぞきながら「あんたたち誰?」と言わんばかりの笑顔に、カメラマンが思わずシャッターを切りました。


各情報は掲載時のものです。料金や内容が変わっている場合もあります。