看板メニューのひとつ「堀川スペシャル」1760円

木のぬくもりに満ちた店。店内からはニンジン畑を一望できます

「菊陽人参」をおいしく味わえる店を探してたどり着いたのが、菊陽町原水の堀川地区にある「堀川ピッツァ」です。オーナーの福島啓介さん(40)は数年前まで阿蘇のレストランで腕を振るっていましたが、地元で独立したいと一念発起。料理の新たなインスピレーションを求めてイタリアへ渡り、そこで出合ったナポリピッツァに衝撃を受けたといいます。

「小麦粉の香りがとてもよく、どんな食材も引き立てる。自分で店をやるなら、こんなピッツァを焼けるようになりたいと思いました。そこで、何日も店に通いつめて、窯の扱いやピッツァイオーロ(ピザ職人)の技を学びました」と福島さんは振り返ります。

オーナーシェフの福島啓介さん

帰国後、福島さんが一番作りたかったのが、自家製ドレッシングであえたキャロットラペでした。農家の息子として育った福島さんは、シンプルでニンジンそのものの甘さや食感を味わえるおいしさを追求したそうです。

2018年に移転オープンした現在の店の看板メニューは「堀川スペシャル」。まき窯焼きのマルゲエリータに菊陽人参の山盛りキャロットラペとルッコラ、産山産のロースハムを盛り付けてあります。

そんな福島さんの次の目標は、菊陽人参のおいしさを全国へ伝えること。「にんじんジャム」や「キャロットラペのためのドレッシング」など、新商品の開発にも余念がありません。

菊陽人参をたっぷり使った「にんじんジャム」528円

福島さんのお母さんお手製のおはぎ(200円)はやさしいおいしさでした

堀川ピッツァ

菊池郡菊陽町原水5193-1

TEL.096-237-6591

営/11時〜15時、18時〜21時

休/火曜

次は:(4)食肉センター直営 馬肉専門の食事どころ


各情報は掲載時のものです。料金や内容が変わっている場合もあります。