西の久保公園の園内には池や展望所、遊具広場があり、家族で憩うことができます

本渡地区の市街地からほど近い「西の久保公園」を訪れました。東京ドーム約8個分もある広大な公園は、遊歩道をウオーキングしたり、芝生広場でグラウンドゴルフに興じたりと、気分をリフレッシュするにはもってこいの場所です。青々とした芝生広場はきれいに手入れされており、寝転がったり裸足で歩いたりしてみたくなります。

芝生広場ではグラウンドゴルフを楽しむ人たちも

ここでは四季折々の花々が楽しめ、桜の季節が終わると湖水の周りにツツジが咲き、湖面に鮮やかな色を映します。そして6月は、ハナショウブが見頃になります。

全国でも珍しいという棚田を活用した「花菖蒲園」には、約25万本ものハナショウブが植えられ、満開時には、紫や薄紫、白、黄色など色とりどりの花で埋め尽くされます。棚田を縫うように配置された木道を歩くと、ハナショウブの他にもカラーやハクサンボクといった植物にも出合えます。

「今年はハナショウブの畑も広くなったので、さらに見応えがありますよ」と公園を整備する吉田博典さん(80)と野島幸一さん(68)が話しかけてくれました。

色とりどりの花に囲まれる「花菖蒲園」(=資料写真)

「ハナショウブが今年もきれいに咲くように」と花苗の手入れや草刈りで大忙しという吉田博典さん(写真右)と野島幸一さん

6月1日(土)~9日(日)は「花しょうぶ祭り」が開催され、期間中の土曜日は21時まで開園の予定です。ライトアップされた「花菖蒲園」は、昼間とはひと味違う幻想的な世界が広がります。

今年も6月1日(土)・8日(土)の夜、ライトアップされたハナショウブが楽しめます(=資料写真)

西の久保公園

天草市本渡町本戸馬場1909-1

TEL.0969-23-1111

(天草市都市計画課景観公園係)

次は:(2)園芸談議も楽しんで 個性豊かな庭をめぐる


各情報は掲載時のものです。料金や内容が変わっている場合もあります。