白糸の滝近くにある森の中の「樂や」

さて、あれんじの記念マルシェ会場になったのが、手作りの落花生豆腐を売る「田舎想菜 樂や(がくや)」です。震災から2年を経た今年4月、加工所と店舗を現在の場所に移しました。

同村が農業体験などで使用していた「交流農園」の建物をリノベーションした店舗は、キンモクセイの香りに包まれる森の中の一軒家。1階は作業場と落花生豆腐などを販売する店舗、2階は週末のみオープンするカフェです。メニューは落花生豆腐や豆乳スイーツに加え、自家製納豆ご飯セットなどもあります。

土日のみオープンするカフェで楽しめる「牛ハラミステーキサラダプレート」1296円

もちもちした食感の豆乳パンケーキ(648円)。写真は108円プラスして、バニラアイスとアズキをトッピングしたもの

店主の小城要一郞さん(43)は、西原村に伝わる郷土料理の落花生豆腐の作り方を祖母から教わり、落花生の栽培から豆腐作りまですべて行っています。また小城さんは村の若手有志でつくる「にしはら福幸プロジェクト」の代表として今回のマルシェ運営にも携わるなど、村を元気にする担い手の一人です。

落花生豆腐は、滑らかな舌触りで口の中でとろけます。店を手伝う長女の萌詠(もえ)さん(19)は、「西原村の落花生は甘みとコクがあります。うちの豆腐には渋皮も入っているので、落花生そのもののおいしさが味わえますよ」。経理も担当するしっかり者です。頼もしい後継ぎの仕事ぶりに、父親の要一郞さんが目を細めます。

「樂や」の小城要一郎さんと看板娘の萌詠さん

田舎想菜 樂や

阿蘇郡西原村河原3467

TEL.096-279-4446

営/11時〜16時(土日のみ。ランチ提供は11時半~14時)


おしゃれでリーズナブルな雑貨

県道28号沿いにある「萌の里」の向かいに新しくオープンしたのがインテリア雑貨店「KAFU(カフー)」。店主の沖由佳里さん(38)がセレクトしたインテリア雑貨、エアープランツ、エプロン、食器など、おしゃれでリーズナブルな雑貨が並びます。「KAFUは、沖縄の言葉で〝いい知らせ〟という意味です。皆さんの暮らしに小さなハッピーを届けたいですね」と沖さんはステキな笑顔を見せました。

「雑貨だけでなく、観葉植物やハンドメードアクセサリーも販売しています」と「KAFU」代表の沖由佳里さん

シックなグリーンの外観が目印の「KAFU」

掘り出し物がいっぱいの雑貨店「KAFU」。店主のこだわりが詰まったセレクトショップです

KAFU

阿蘇郡西原村小森1801-9グリーン西原104

TEL.096-284-1810

営/11時〜18時

休/木曜

次は:(4)戦前から続く伝統の行事 集落で競う「道路品評会」


各情報は掲載時のものです。料金や内容が変わっている場合もあります。