卵焼き、馬肉の甘辛煮、野菜の炊き合わせ、ひじきの煮物、酢の物などを詰めた「松花堂弁当」1130円(お持ち帰りも同額)。ごはんをおにぎりにした場合は1230円

つやつやの照りもごちそう! 老舗のサバ煮付け

庶民の食堂として1877(明治10)年に創業した「山本屋食堂」。自家製そばをはじめ、甘辛く煮た馬肉や大エビの天ぷらなど、長年親しまれているメニューばかりです。そんな名物料理をふんだんに盛り込んだ「松花堂弁当」で味わえるサバの煮付けもその一つです。

つぎ足しながら使うタレで煮るサバの煮付けは、オーダーを聞いてから作り始めるそうです。つやつやとした照りがあり、ふっくらと軟らかに仕上がっています。甘辛いタレを絡ませたその味は、ごはんがすすんで仕方ありません。また、付け合わせのシャキシャキとしたゆでもやしの味もきいています。

この「松花堂弁当」はテークアウトができるほか、サバの煮付けをメインにしたお弁当を毎週木・金・土・日曜に鶴屋地下1階のお弁当コーナーで販売。リクエストすれば、お店での宴会料理の一品をサバ煮に変更できます。

山本屋食堂

熊本市中央区練兵町10-1

TEL.096-352-2900

営/11時~21時(OS20時半)

休/火曜(予約などで変更あり)

P/5台


各情報は掲載時のものです。料金や内容が変わっている場合もあります。