麺の量多めで食べ応え十分の「冷たいの」700円。テークアウトは750円で、スープは凍らせたものもあります

ナスの揚げ出しと冷たいラーメンの絶妙コラボ

店主の江藤裕美子さんが一人で切り盛りする「博多麺屋 一連」。とんこつの濃厚なスープなのにサッパリした後味の博多ラーメン(630円)が人気ですが、夏になると常連が楽しみにしているのが冷たい麺メニューです。

江藤さんは毎年レシピを変えて提供しており、今年はその名も「冷たいの」。これは、鶏チャーシューにナスの揚げ出しやオクラなどの夏野菜をトッピングした鶏ガラスープの冷やしラーメンです。

冷たくて腰のある太麺はツルツルとのど越しが良く、ショウガとかつお節の風味が香り立つ上品なスープと相性抜群。そこに揚げナスの揚げ油の風味と、和風のだし汁を含んだうま味が広がって、よくぞこの組み合わせを見いだしてくれた、とうなりたくなるおいしさです。

博多麺屋 一連

熊本市中央区大江4-10-4

TEL.096-363-5119

営/11時半~14時半、17時半~21時

休/月曜

P/1台


各情報は掲載時のものです。料金や内容が変わっている場合もあります。