「しびれ担々麺」880円は14時以降のメニュー。ラー油の辛さは調節してくれます。山椒はお好みでどうぞ

しびれる辛さと香り豊かなゴマの風味がクセになる

2019年9月にオープンした中華料理の「桃色大飯店」。16時までのランチメニューは「麻婆丼」と「黒胡麻担々麺」の2種類ですが、ピークが過ぎる14時以降は四川料理と台湾料理の多彩なメニューの中から選べます。

この店の、体の芯まで温まる麺料理と言えば「しびれ担々麺」。鶏ガラスープベースのタレは、時間をかけて作る自家製の濃厚なゴマダレ「チーマージャン」とピリ辛の特製ラー油が見事に調和した味。さらに、四川省から仕入れる山椒(さんしょう)の舌がしびれる辛さが後から追いかけます。「辛いけど、うまい! でもしびれる!」と思わず声に出したくなります。

麺は京都の製麺所に特注している「ふすま麺」。小麦粉のふすま(皮の部分)を使った、食物繊維たっぷりのヘルシーな麺で、しっかりとした弾力とつるんとしたのど越しの良さが際立ちます。

桃色大飯店(ももいろだいはんてん)

熊本市中央区下通1-6-4武蔵ビル1F

TEL.080-7160-5121

営/11時半~23時(~16時ランチメニュー)

休/月曜

P/なし


各情報は掲載時のものです。料金や内容が変わっている場合もあります。