「クン・オップ・ウンセン」980円。辛さはテーブルの唐辛子で調節できます

タイを旅した気分になれる小さな店

熊本市電の車窓越しに「何と読むのだろう?」と思う人は多いのではないでしょうか。味噌天神電停の交番側にある、タイ語の看板が目を引く「プランチャン・ガップ・ダオ」。日本語でいうと「月と星」という意味で、テーブル席2つにカウンター3席のこぢんまりとした店です。店内にはビンテージものの花柄のホーロー皿や木彫り像などのタイの雑貨、国王の写真が飾られており、まるでタイ本国のお店にいるようです。

十数種類のメニューから選んだのは「クン・オップ・ウンセン」というエビと春雨の蒸し焼き。モッチリとした春雨にプリプリのエビが載り、春雨の下には厚めの豚ばら肉も隠れて、それぞれにオイスターソースとゴマ油の風味がしっかりとしみ込んでいます。辛みが強くなくオイスターソースのコクとまろやかさが、日本人には親しみやすい味わいです。

 

プランチャン・ガップ・ダオ

熊本市中央区大江本町6-8

TEL.050-1165-0969

営/18時~23時半(OS23時)

休/木曜

P/なし

※席数に限りがあるので、あらかじめ電話して訪問してください


各情報は掲載時のものです。料金や内容が変わっている場合もあります。