イベント情報

※新型コロナウイルスの影響などで、日程や内容が変更される場合があります。
※要予約の行事は、定員に達している場合もあります。※詳細は主催者にお問い合わせください。

あれんじイベントナビ掲載ご希望の方へ


開催中〜

神社をめぐる人びと展

伊倉南八幡宮(玉名市)に大量に残されている江戸時代の古文書。ここから、当時の神主の暮らしぶりや、昔の祭りの様子などについて読み解きます。

会場 玉名市立歴史博物館こころピア(玉名市岩崎)
開場/開演 9時〜17時 (最終入館16時半)、月曜・祝日の翌日休館
料金 (一般)300円、(大学生)200円、高校生以下無料
お問い合わせ 玉名市立歴史博物館こころピア 0968-74-3989

開催中〜

熊本・鹿児島九州新幹線 駅弁シリーズ2021

九州新幹線全線開業10周年記念「熊と鹿」キャンペーンの一環。対象の駅弁の中から、食べた人の投票によって優勝・準優勝を決定。駅弁に添付されているQRコードからアクセスを。

会場 熊本県・鹿児島県の JR九州の主な駅
料金 詳細は主催者にお問い合わせください。
お問い合わせ 特設サイト https://www.jrkyushu.co.jp/train/kuma_to_shika/

無料

鞠智城フォトコンテスト 作品展

「はるかな時の流れに一瞬の輝きを撮る」をテーマに、昨年開催されたフォトコンテストの優秀作品を展示。鞠智城および周辺地域の四季折々の美しい景色を映し出したグランプリ作品や優秀作品など力作8点が展示されます。ただし展示スタートは3月7日の表彰式後14時から。

画像:グランプリ「月と花と宇宙に佇む」

会場 歴史公園鞠智城・温故創生館(山鹿市菊鹿町)
開場/開演 9時半〜17時15分、月曜休館(祝日の場合翌平日)
料金 入場無料
お問い合わせ 歴史公園鞠智城・温故創生館 0968-48-3178


無料

球磨の“鮎”の遊び ―生誕100年 上村占魚(せんぎょ)―

人吉出身の俳人、上村占魚。この雅号は球磨川の鮎から付けられています。若くして熊本を離れたものの、故郷と球磨焼酎への愛は生涯変わらなかった占魚の俳句の世界を楽しめます。明治初頭から設置された小学校での教育活動を紹介する「くまもと教育の夜明け」も同時開催。

画像:上村占魚筆 句幅 「月のいろして鮎に斑のひとゝころ」

会場 くまもと文学・歴史館(熊本市中央区出水)
開場/開演 9時半〜17時、火曜休館(5/4は開館)
料金 入場無料
お問い合わせ くまもと文学・歴史館 096-384-5000


企画展「震災をふりかえる -大地とモノが語る熊本地震-」

熊本地震の発生から5年。地震発生時の熊本博物館の取り組みや、被災した民間所有の文化財、断層のはぎとり標本を展示。これまでの5年を振り返ります。

会場 熊本博物館(熊本市中央区古京町)
開場/開演 9時〜17時、月曜休館(祝日の場合は翌平日)
料金 入館料 (一般)400円、(大・高生)300円、(小・中学生)200円
お問い合わせ 熊本博物館 096-324-3500

第6回 天草生うに三昧2021

甘くて臭みのない天草の絶品ウニを味わおう! 3月上旬の「ムラサキウニ」漁解禁を機に、天草各地の施設で、ウニを使った多彩な料理が提供されます。

会場 天草市内の飲食店・宿泊施設22カ所
開場/開演 ※営業時間・休みは各店舗によって異なる
料金 詳細は主催者にお問い合わせください。
お問い合わせ 天草宝島観光協会 0969-22-2243
【HP】 https://www.t-island.jp/special/uni

坂本善三の基礎作り —静物・風景・人物—

小国町出身で「グレーの画家」「東洋の寡黙」と称された抽象画家、坂本善三。線や面によって描き出される作品は、日本独自の抽象画として世界でも高い評価を得ました。その一方で、善三の故郷の風土や自然に根ざした作品も多く発表。その中から抽象画の基礎となった静物画・風景画・人物画をピックアップし、善三の作品作りのルーツを探ります。

会場 坂本善三美術館(阿蘇郡小国町)
開場/開演 9時〜17時(最終入館16時半)、月曜休館(祝日の場合は翌日)
料金 入館料 (一般)500円、(大・高生)400円、(小・中学生)200円
お問い合わせ 坂本善三美術館 0967-46-5732


無料

海辺の植物

有明海や八代海など、熊本県内の海岸やその付近の植物を紹介。標本や写真パネル、説明を通して独自の生態を学ぶことができます。

会場 県博物館ネットワークセンター(宇城市松橋町)
開場/開演 9時〜17時、月曜休館(祝日の場合は翌平日)
料金 無料
お問い合わせ 県博物館ネットワークセンター 0964-34-3301

無料

先着

阪神・淡路大震災から熊本地震まで 〜災害ボランティアで見えた課題〜

災害ボランティア活動にも取り組んできた大阪大学大学院教授の渥美公秀氏を迎え、自然災害への備えを考えます。会場・オンラインともに事前申し込み。会場は先着30人。

会場 熊本城ホール(熊本市中央区桜町)
オンライン開催
開場/開演 19時〜21時
料金 参加・視聴無料
お問い合わせ 県保険医協会 【HP】 http://www.khk-dr.jp

いのちの電話相談員養成講座

生きる力や希望を失いつつある人に寄り添うための電話相談員の養成講座。カウンセリングの基礎や電話対応を学びます。20歳以上、定員25人。4/30までに申し込み。

会場 熊本YMCA中央センター(熊本市中央区段山本町)
開場/開演 18時半〜20時半
料金 前期1万円、後期1万2000円(一泊研修費別)※学割あり(半額)
お問い合わせ 熊本いのちの電話事務局 096-354-4343

終了したイベントはこちら

あれんじイベントナビ掲載ご希望の方へ

締め切りは、3/9(火)必着。

  • イベント内容が分かる資料をお送りください。

「イベントナビ」への掲載は無料です。

  • 4/3号以降に掲載する情報をお寄せ下さい。
  • イベント資料は内容を確認の上、掲載候補としてリストアップします。
  • ご希望が多数の場合は、編集室で選択させていただきます。

送り先

  • 〒860-8506 熊本市中央区世安町172 熊本日日新聞社 販売局
  • あれんじ編集室「イベントナビ」係
  • FAX 096-366-1715 メール ar@kumanichi.co.jp