美容外科(クリニック)などでは右のような日焼け防止のサプリメント(左・中)や抗酸化作用のあるアルファリポ酸のサプリメント(右)を提供しているところもあります。「市販のビタミン剤のサプリなどもおすすめです」と中村先生

肌のトラブルを感じた場合、自己判断で解決しようとすることがありますが、実はそれは危険なのだそうです。

「肌質は個人によって異なり、トラブルも人それぞれ。もしかしたら、原因が外的なもの以外だったり、生活習慣の改善が必要なものだったりとさまざまです。肌に異変を感じた場合は、皮膚科の専門医に診断してもらうことをおすすめします。特に、若い人より年配の方が、人生経験が豊富なだけに自己判断しがちです。それによってトラブルが長く続くこともあります」と中村先生。

また中村先生は、ネット上での肌トラブル解消法などの情報についても警鐘を鳴らします。

「ネットには正しい情報ばかりあげられているわけではありません。当院の患者さんに、ホクロを除去するという薬をネットで購入し、実際に行ってみて、ひどい状態になったという方もいました。肌の悩みがある場合は、専門医を訪ねることが大切です。また肌診断をしてもらうことで、自分の肌がどういう状態で、どう対処すべきかが把握できますから」

ちなみに美肌の女性が多いお隣の韓国。韓国人の友人が言うには、「小さい頃から、肌が荒れるとすぐに病院に行くよう、みんな母親にしつけられてきたのよ」ということです。納得。

中村佳代子

1988年 順天堂大学医学部卒
1989年 熊本大学医学部付属病院勤務
1992年 熊本市民病院勤務
1993年 国立熊本病院勤務
1998年 「なかむらファミリークリニック」副院長
2010年 「かよこ・クリニック」開院(院長)
趣味はクラシックバレエ、世界美容めぐり

かよこ・クリニック

熊本市中央区上通町1-17 ソネットビル2F

TEL.096-324-2415

次は:(5)ヘアメークのプロご指南 夏の肌ケア法


各情報は掲載時のものです。料金や内容が変わっている場合もあります。