さて、本格的な手編みは大きく二つに分かれます。先端にフック状の「かぎ」がついたかぎ針で編む「かぎ針編み」と棒針で編む「棒針編み」です。今回は、かぎ針編みをご紹介します。

基本の編み方には、細(こま)編み・長編み・鎖編みがあります。その中の長編みと鎖編み(別途下の画像で紹介)を使ってコースターを作ってみましょう。用意するものは7/0~8/0号のかぎ針、ウールの極太毛糸です。コースターの編み始めは、中心部の作り目(わ)【編み始めの作り目(わ)】からスタートです。


【編み始めの作り目(わ)】コースターの編み方(1)部分

1.左人さし指に糸を2回巻きつけます

2.二重の輪がくずれないように右手でおさえながら外します

3.左手に持ち替えて親指と中指で交点をおさえます

4.輪の中に針をいれ、糸をかけます

5.糸を引き出します

6.もう一度糸をかけて引き出します

7.引き出した目を引きしめて、作り目の完成です


【鎖編み】コースターの編み方(1)部分

1.作り目から針を通し、糸をかけます

2.針にかかった目の中から糸を引出します

3.鎖編みが1目完成です


【長編み】コースターの編み方(2)部分

1.糸をかけて(わ)の中に入れます

2.(わ)をくぐり、糸をかけて引き抜きます

3.引き抜くと3本のループができます

4.糸をかけて、まず2本のループを引き抜きます

5.次に糸をかけて針にかかっている2本のループを引き抜きます

6.長編みの最後はこうなります。また、糸をかけて(わ)を通し、2目に入ります


〈コースターの編み方〉

鎖編みや長編みなどの編み方は、ネット上の動画などでも紹介されています。
コースターは毛糸1玉で6〜7枚ほどできます。毛糸玉の長さによって異なります。

編み始めの作り目(わ)(上記参照)を作り、鎖編み(上記参照)3目で立ち上げ、編み始める準備が完了

鎖編みを1目と数え、(わ)の中に糸をかけて、左に向かって長編み(上記参照)2目、鎖編み2目、次に長編み3目のセットを3つ編んで一周します。全部で4ブロックが完成します

中心部を引き締めます。糸端を少し引くと(わ)の2本の1本が動き、動いた糸を持ち、引き締めるともう1本の(わ)が締まります。残りの(わ)は糸端を引いて引き締めます

1段目の最後は、(1)の立ち上がりの鎖編みの3目のところに針を入れ、糸をかけて引き抜き止めます。2段目の立ち上がりも鎖編み3目から始めます

(1)の鎖編みの3目部分

2段目は鎖編みを1目と数え、長編み2目、そして3つめの目には長編みを2回編みます。これにより目が増えて、1セットは5目となります

2段目を編み終えたら、同じく鎖編み3目で立ち上がり、編み図に従って編んでいきます

3段目も鎖編み3目で立ち上がり、長編み4目、5つめの目に長編みを2回編みます。次のセットにつなげる鎖編みはここから3目となります

4段ほど編んでコースターの完成。鍋敷きなどの少し大きいものは、編み図を参考に、各セットの端の目の2カ所を2回ずつ編んで広げるといいでしょう

最後の目を引き抜いて止めたら、毛糸用の糸針に糸端を入れて、編み目の中に入れ込みます

コースターが完成したら、アイロンをかけて平らにして形を整えます

次は:(3)かわいらしいどんぐり帽子の編み方


各情報は掲載時のものです。料金や内容が変わっている場合もあります。