三方に白紙を敷き、ウラジロ、鏡餅、干し柿、葉ミカン、お米などを飾ります

※このコーナーの写真で、3方の向きが逆になっていました。
折敷(おしき)の継ぎ手が手前できれいな面を神様の方(奥)に向けます。

松の枝を生けて門松に おしゃれなしめ縄もOK

お正月、玄関に門松を飾る風習は平安時代のころからあったそうで、松は神霊の依代(よりしろ)とされてきました。

年の瀬になると、神社や大きな事業所、施設などの玄関口に立派な門松が飾られますが、個人宅やマンションでは無理。そこで、師走になるとミニ門松も出回りますが、スーパーや生花店に並ぶ正月用花材の松を生け、玄関に飾ってみてはどうでしょう。松の盆栽などに水引をあしらうのもお薦めです。

年神様が降りてくる目印とされるしめ縄。地方によってデザインや形が異なりますが、地域性にとらわれず、好きな雰囲気のものを選んでいいと思います。リース仕立てのおしゃれなしめ縄なども出回っており、暮らしのスタイルや好みによって選ぶ人も増えているようです。

年神様を迎える目印となるしめ縄は、12月28日に飾る人が多いようです

鏡餅と三方のお供え物 飾るのは「8」の付く日

しめ縄と同じく、正月飾りに欠かせないのが鏡餅です。昔から鏡には魂が宿るとされ、餅を鏡に見立てて、お迎えする年神様のよりどころとしたそうです。また、「円満に年を重ねる」という願いも込められているようです。

鏡餅のように三方にのせるお供えものはほかにも、日頃から料理に使っているだし用の昆布や野菜、子どもたちの好きなお菓子など、食べ物への感謝の心を込めてお供えしましょう。三方がない場合は、漆器の盆や木製トレーなどに白紙を敷いて飾ります。

飾る時期は、年末の中で末広がりの「8」が付く12月28日を選ぶのが一般的です。29日は「二重に苦しむ」と避ける人も多く、大晦日の31日ともなると「一夜飾り」といわれ、年神様に失礼とされています。

ちなみにしめ飾りは、小正月(1月15日)の頃の「どんどや」で燃やす人も多いようですが、神社などでも受け付けてくれます。天草地方などでは、一年を通じて飾る風習もあります。

松の盆栽に水引の飾りを付けるとめでたさが増します

ちりめんで作られた鏡餅飾りもすてきです

白砂の上に炭を置き、コケを乗せて新春の芽吹きに見立てた正月飾り

三方に昆布、焼きえびなど、日頃から使う食材を飾ります

野菜も飾って年神様に供えます

1月11日ごろ、鏡開きをした餅は一口大に割り(包丁を入れると縁起が悪いともいいます)、容器に並べて練りがらしを入れてラップをかけておくと、カビがはえにくいそうです


12月の台所スケジュール

おせち料理のメニューは各家庭で異なると思います。31日の盛り付けから逆算して、1週間前から作り始めるといいでしょう。

19日(土) 食器棚や引き出しの整理と掃除。冷蔵庫の上や流し台の中の整理と掃除
20日(日) 冷蔵庫・食品棚を整理し、残っている食材を計画的に使う。処分する食材は集めておく
21日(月) 資源ゴミ出し
(地域によって曜日などは異なる)
23日(水) クリスマス料理の下準備
24日(木) クリスマスイブ
25日(金) 正月料理の買い物
※冷蔵・冷凍できるものなど
田作りを作る(冷蔵)
26日(土) 数の子を作る(冷蔵)
27日(日) 栗きんとんを作る(冷蔵)
28日(月) 正月飾りをしつらえる
紅白なますを作る(冷蔵)
たたきごぼうを作る(冷蔵)
29日(火) だて巻きを作る(冷蔵)
30日(水) えびのうま煮を作る(冷蔵)
お年玉の準備
31日(木) おせちを盛り付ける年越しそばを作る

※スケジュールはあくまで目安です

次は:(3)暮れの大掃除


各情報は掲載時のものです。料金や内容が変わっている場合もあります。