山歩きのもう一つの楽しみが「山ごはん」です。今回は、塩おにぎりに焼いためざし、卵焼きなどを竹の皮に包んで持参しました。このように弁当をコンパクトにした理由は、ぜひとも山の中でインスタントラーメンとコーヒーを味わいたくて、そのための道具を持ち込んだからです。

食事は山登りの楽しみの一つ。ごちそうでなくても十分。片手でも食べやすくエネルギー源となるものを用意しましょう

バーナーとクッカー(鍋兼食器)、カトラリー、マイカップ、そして水を用意。早速、鍋にお湯を沸かしてラーメンを作り、食後はコーヒーとまいります。ほとんどのキャンプ場もしくは山では直火厳禁だということを忘れずに。

「『山には必要最小限の荷物を』と言う人もいますが、私は山歩きはレジャーの一つと考えます。だからやりたいことを優先していいと思います。もし途中で荷物が重すぎると感じたら、無理せずにそこをゴールにしてください。いろいろと楽しんだ後、引き返せばいいんです」と阿南さん。

日頃から舌になじんだインスタントラーメンも、山で食べるとおいしさが違います。自分の足で登った山のてっぺんで頬張るおにぎりも格別でした。

バーナーとクッカーのほか、スプーンやフォーク、箸などのカトラリーがあれば簡単な調理が可能。寒い時の熱々のラーメンは特においしいですよ

次は:(4)初めての山歩き 達成感が自信に


各情報は掲載時のものです。料金や内容が変わっている場合もあります。