美人が多い熊本ならでは? スキンケアアイテム

あちこちに温泉があり、美人湯、美肌湯に恵まれた熊本。化粧水や保湿剤、パックなど、温泉水を使ったさまざまなスキンケアアイテムも販売されています。湯上がりのケアに温泉由来のアイテムを使えば、家にいながら美活が楽しめるはずです。


平山温泉

平山うるおい /化粧水200ml1700円、ジェル80g2200円

〈元になった泉質〉
「アルカリ性単純硫黄泉」

ご当地温泉スキンケアといえば、この2つ。とろとろ湯で有名な平山温泉の良さを詰め込んだ商品です。手の平でしっかりと肌に浸透させれば、翌朝の肌の変化が楽しみです。
販売店/平山温泉観光協会 TEL0968-44-0522 
購入方法/「平山温泉観光協会」、平山温泉各施設にて店頭販売
電話注文(TEL0968-44-0522)あり


人吉温泉「おおが温泉」

涌水美人 /右から化粧水200ml3300円、洗顔フォーム200ml4950円、潤沢美容液50g7150円、うるおいマスク45ml3枚入り880円

〈元になった泉質〉
「ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物塩泉(天然ラドン含)」

今回の熊本豪雨で甚大な被害が出た人吉市からは、自宅は洪水に見舞われたそうですが、温泉施設は無事で営業再開をしている「おおが温泉」の「涌水美人」。「マスクや水害の泥などによる肌トラブルの改善に」とすすめてもらったのは、抗菌作用のあるタモギダケエキス配合の洗顔フォーム。他にも、温泉水とサトザクラエキス配合の美容液や化粧水、マスクもあり、お得な定期便もあります。

販売店/相良路の湯おおが:TEL0966-22-3600
購入方法/「おおが」、「熊本県物産館」にて店頭販売
ネット販売/「yusuibijin.com」で検索


日奈久温泉

晩白柚せっけん“ゆ”/1房(60g)580円

〈元になった泉質〉
「弱アルカリ性単純温泉」

つるっとひと皮むけるような使い心地の洗顔せっけんです。特産品の晩白柚をモチーフにしているので、8個セットで果実の形が完成。使うのがもったいないほどの可愛さです。

販売店/八代商工会議所:TEL0965-32-6191
購入方法/「八代よかとこ物産館」にて店頭販売


黒川温泉「いこい旅館」

黒川美人化粧水/200ml1980円

〈元になった泉質〉
「単純温泉(弱酸性)」

温泉水を90%使用し、4種類の植物エキスを配合した化粧水。すーっとなじむ使用感は幅広い層に評判で、黒川温泉の定番商品としても知られ、長く愛されています。
販売店/黒川温泉 いこい旅館:TEL0967-44-0552
購入方法/店頭販売
ネット注文/「いこい旅館」で検索


植木温泉「鷹の家」

ひらしま美人/150ml2178円

〈元になった泉質〉
「アルカリ性単純硫黄泉」

高浸透・高保湿が自慢の化粧水は、赤ちゃんでも使える安心のスキンケアアイテム。温泉に含まれる天然の美肌成分と保湿成分で、しっとり潤いのある肌を実感できると評判です。
販売店/旅館鷹の家:TEL096-274-6234   
購入方法/店頭販売
ネット販売/「takanoya.shop-pro」で検索


七水木(なみき)温泉郷「とよみずの湯」

とよみずの湯/190ml1300円

〈元になった泉質〉
「炭酸水素塩・塩化物泉」

数種類の保湿成分と温泉水を配合した化粧水。湯上がりにシュッとひと吹きすれば、しっとり肌に。比較的リーズナブルなので、全身にたっぷり使うのもおすすめです。
販売店/とよみずの湯:TEL0968-38-1126  
購入方法/店頭販売


下田温泉

Amacusa/美肌水200ml2160円 せっけん90g1375円

〈元になった泉質〉
「ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉」

天然温泉水を85%以上配合した化粧水はさらっとした肌ざわり。2種類のヒアルロン酸を配合したせっけんはさっぱりとした洗い上がりと潤い。どちらも天草最古の美肌の湯の恩恵です。
販売店/シーエイト:TEL096-273-0592  
購入方法/「下田温泉 旅館組合(下田温泉ふれあい館ぷらっと)」
「道の駅植木」、「しらかわのほとり(中央公民館)」にて店頭販売
ネット販売/「楽天 シーエイト」で検索


山鹿温泉

乙女の柔肌/化粧水150ml1980円 ジェルクリーム30g2090円

〈元になった泉質〉
「アルカリ性単純温泉」

「さくら湯」の温泉水に植物由来の保湿成分を4種類加えた化粧水と、9種類の保湿成分を配合したジェルの合わせ技で、しっとりもっちり肌へ。「千代の園酒造」の米発酵液も美肌作りの立役者です。
販売店/地の塩社:0120-402-839 
購入方法/「山鹿温泉さくら湯」店頭販売
ネット販売/「chinoshioya.com」で検索


最後に

今回の特集は、企画段階で米紙「ニューヨークタイムズ」の題字を模してみたいという案が出ました。そこで同紙東京支局に依頼の手紙を出したところ、OKの返事をいただくことができました。同紙は熊本豪雨災害のニュースを世界に発信しています。支局の皆さんから「被災された方々に心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。この企画が少しでもお力になれば幸いであり、弊紙の名前を知っていただけるのはありがたいことです」などのメッセージもいただきました。


各情報は掲載時のものです。料金や内容が変わっている場合もあります。