湯飲み茶わんに枝ものの実を飾り、茶卓を添えてテーブルに

ナツハゼの枝を花留めにしてアナベル、アルケミラモリスなどを生ける

小鉢にナツハゼの実やラグラス、スーパーセンセーションを生けてもすてき

枝ものは敬遠しがちですが、部屋の雰囲気を引き締めてくれます。「枝ものは大きな花器にそのまま生けるのもすてきですが、短い枝葉と小花を組み合わせて和食器に飾ってみてはどうでしょう」。奥村さんが取り出したのは、ナツハゼとブルーベリーです。

湯飲み茶わんにブルーベリーとフサスグリの実、ローズマリーを添えただけで、雰囲気のあるアレンジになります。

次に奥村さんは、実のついた1本のナツハゼをペンダントタイプの照明器具のコード部分にワイヤーで掛けました。すると部屋の中に、涼やかな風が吹き渡る感じがしました。

ナツハゼの枝を天井に下げる

枝ものはそのまま生けても風情があります

片口の漆器にハーブや枝葉を飾るのも合います

次は:(4)同系色の花の色合いを楽しむ


各情報は掲載時のものです。料金や内容が変わっている場合もあります。