四季折々、私たちを楽しませてくれる花々。そんな花を日々の暮らしに取り込みたくても、実際に飾るのは難しいものです。熊本市のフラワーアーティストに、花のあしらい方のコツを教えてもらいました。

フラワーアレンジ=奥村裕子
撮影協力=グランマ・アンティーク、パン・オ・ルヴァン

表紙=カッティングボードに飾った花(ユーカリ・リューコキシロンレッド、ローズマリー、ミツバイチゴ)

文=福永和子

写真=首藤栄作


各情報は掲載時のものです。料金や内容が変わっている場合もあります。