梅干し作りのコツは焼酎にあり

今年もたくさんの梅の実を収穫することができました。梅干し作りでは、少し黄みを帯びて熟したくらいの梅の実が適していると思います。まだ実が固い青梅の場合は、収穫後2日ほど室内に置いておくと熟成が進みます。

まず梅の実のヘタを取って水洗いし、ふきんで1個ずつ拭き上げ、それから塩漬けにするわけですが、この時いつも決まって、「塩漬けにする前に、焼酎ばくぐらせておくと傷まんたい」と言っていた亡き祖母の言葉を思い出します。

もし途中で梅酢にカビが浮いたら丁寧にすくい取り、梅を取り出して焼酎で消毒します。梅酢を一度煮沸してから戻して下さい。

塩もみしたシソを加えて漬け終えると、梅雨明けを待って3日ほど天日干しに。干した梅の実は梅酢に戻しますが、そのままの状態での保存も可能です。それにしてもその時季には、空模様が気になって仕方がありません。

材 料

梅2㎏、塩300~400g、焼酎少々、塩もみしたシソ400~500g

1

竹串(つまようじ)でヘタを一つ一つ取り除く(エグ味をなくすため)。

2

流水で梅の実をきれいに洗う。

3

洗った梅の実は、ひとつずつふきんで水気を拭き取り、しっかりと乾燥させる。

4

1個ずつ焼酎をくぐらせる。

5

焼酎で拭き上げて消毒した容器に、梅の実と塩を交互に分けて入れる。

6

重しを載せる。石は煮沸消毒し、ビニールに包む。市販の重しでもOK。

7

1週間で梅酢が上がる。この状態で干す場合もあるが、梅雨期の天日干しは難しいかも。

8

塩でもんだシソを(7)の梅の上に載せ、梅雨明けを待って3日ほど天日干しに。

次は:(2)梅酒&梅シロップ


各情報は掲載時のものです。料金や内容が変わっている場合もあります。