大人のお花見に欠かせないのがお酒。花見弁当にはお酒のアテになる料理も詰めます。この季節に出回る旬の食材をふんだんに使って、春を感じさせる演出を考えます。

軟らかい水田ゴボウを使って村田さんが作ったのは、牛肉のゴボウ巻きと、イカと一緒に炒めたきんぴらです。また、サツマイモとリンゴのコンポートも届きました。

他に、早掘りのタケノコを蒸して焼いたもの、フキの煮物や鰆(さわら)の西京焼き、桜エビ入りの卵焼きなどを献立に加えて完成。口の中に春の香りがいっぱいに広がります。

(1)ゴボウの肉巻き
ゴボウとニンジンを拍子木切りにし、牛肉で巻いて炒め、しょうゆ、みりん、砂糖で味を付ける。

(2)ゴボウとイカのきんぴら
同じ形に切ったゴボウとイカを油で炒め、しょうゆ、みりん、砂糖を加えてきんぴらにする。

(3)フキの煮物とニンジンのグラッセ
皮をむいたフキをだし、みりん、薄口しょうゆで煮る。ニンジンは桜形に抜き取り、水、バター少々、砂糖を加えて軟らかく煮る。

(4)タケノコの蒸し焼き
タケノコを軟らかく煮てしばらく水気を切った後で、フライパンで焼き目を付ける。ゆでた絹サヤを添える。

(5)鰆の西京焼き
市販の鰆の西京みそ漬けを焼く。
※担当した筆者は、少しだけ手抜き(笑)

(6)桜エビとネギ入りの卵焼き
ボウルに卵を割り入れて、桜エビと刻んだネギ、砂糖、塩を加えて焼く(味付けは好みで)。

(1)お煮しめ
多めのだしを作る。サトイモは下ゆでをする。干ししいたけを水で戻す。ニンジンを桜形に抜く。生揚げは湯通しをする。だしとしょうゆ、みりん、酒、砂糖で、それぞれに別の鍋で味付けを変えて煮る。

(2)サツマイモとリンゴのコンポート
サツマイモを輪切りにする。リンゴを一口大に切る。鍋に水を入れ、サツマイモとリンゴ、レーズンを入れ、砂糖を加える。汁がなくなって、軟らかくなるまで弱火で煮る。

次は:(3)ワインに合う花見弁当


各情報は掲載時のものです。料金や内容が変わっている場合もあります。